ヨコハマデンタルクリニック インタビュー

ますます厳しい経営環境にある歯科経営において、過去最高の業績を更新中の「ヨコハマデンタルクリニック 金子泰雄院長」にインタビューしました。

医院名 ヨコハマデンタルクリニック
院長 金子 泰雄 先生
所在地 神奈川県横浜市
開院 2000年8月
診療科目 一般歯科、審美歯科、矯正歯科、口腔外科、インプラント

1989年に日本大学松戸歯学部を卒業後、千葉大学医学部歯科口腔外科教室に勤務。同大学にて医学博士号を取得した後、2001年に横浜美容歯科を開業。2012年にヨコハマデンタルクリニックを移転開業。徹底した患者満足度の追求とマーケティングの実践によって、同院を順調な成長に導いている。

待っているだけでは、患者さまは来てくれない。歯科も厳しい時代に突入

Q
この不況の中、患者さまの来院数が順調に推移していますね。
A

金子院長

はい。ただし、何もせずに来院数が安定しているわけではありません。重要なのは、当院の存在を多くの方に知って頂くことです。昔は1つの町に歯科医院が1つしか無かったので、歯科医院は患者さまの来院を待っているだけで良かった、いわゆる殿様商売だったんです。でも、そんな時代は20年前に終わりました。今は多くの競合医院の中から、自医院を患者さまに選んでもらわなければなりません。私も開業当時、他の開業される先生方同様に集患を心配しておりました。

当院では、厳しい環境にも関わらず、昨年度は過去最高の業績となりました。あらためて思いますが、特に競争の激しい歯科の業界で経営の安定化を図っていくためには、常にマーケティングを意識しなければなりません。それは他の産業と同様で、歯科業界においても例外ではないということです。

Q
現在の歯科業界についてどう見ていますか?
A

金子院長

開業すれば歯科医にも経営者としての資質が求められる時代であり、今後ますますこの傾向は進んでいくでしょう。しかしながら、厳しい環境におかれても、具体的なアクションを取れていない医院が多いですね。厳しい環境だからこそチャンスだと思います。追い風が吹くまで待っていたのでは、チャンスをものにすることはできないと思います。

信頼できるマーケティングパートナーを選ぶ

Q
フォーユーメディカルをパートナーとして選んだ理由は何ですか?
A

金子院長

医院経営においては信頼できるパートナーが必須であると感じていました。当時、複数の会社からコンサルティングの案内をされ、いろいろなことを試しては失敗しました。さまざまな経験から、最終的にフォーユーメディカルが信頼できるパートナーでした。開業後の医院経営において幅広いテーマで医院の経営課題を支援してくれることと、医療にこだわって独自のマーケティング理論を展開し、私同様に失敗も成功も含め多くの実績を積んできていることに共感しました。実際にフォーユーメディカルの社長ともお話をし、その経営姿勢に好感を持ちました。また、この会社ならば、「自分は安心して治療に専念していける」と感じたのです。

Q
経営姿勢と医療機関に対する豊富な実績で決めたということですね。
A

金子院長

そうです。医療に関する深い知見をもっていると判断しました。医院の「過去」だけを見るのではなく、「将来」の展望も踏まえて、一緒に考えてくれる会社ですね。医院経営においては、開業だけではなく、さまざまなステージにおいて相談できるパートナーが必要だと思います。現場を理解した客観的な意見をくれる貴重な存在です。ちょっと褒めすぎですかね?(笑)。

より付加価値の高いサービスを提供して、医療サービスを進歩させたい

Q
今後のビジョンを教えてください。
A

金子院長

歯科の場合には、付加価値の高いサービスを提供できているかどうかが成功の鍵です。付加的なサービス、当院でいえば美容的な歯科医療は今後ますます広がっていくでしょう。患者さまに最適な治療を提供するため、今後も徹底したカウンセリングを行っていきます。患者さまがリラックスして快適な治療を受けられる環境を更に整えていきたいと考えています。リラックスして治療を受けられることは、良好なアドヒアランスが維持され、治療効果に貢献すると考えます。

当院ではこのような活動を強化して、医療サービスの向上に努め、これからも顧客満足度の向上を追求し続けます。そのためには信頼できるパートナーの協力が不可欠です。フォーユーメディカルさんお願いしますね。

医院の開業・物件の相談 無料相談受付中 まずはご相談ください メールからのお問い合わせ医院の開業・物件の相談 無料相談受付中 まずはご相談ください メールからのお問い合わせ
お問い合わせ