インターネット活用の基礎知識

平成17年度の調査によると、多くの診療科目で 約3割以上の医院がホームページ開設済または開設予定有という結果が出ています。 5年前の調査結果ですので、現在ではホームページの開設及び開設に対する意識は、ますます高まっていることが予想されます。特に医院の開業時には、競合医院に「負けない」または「差別化」するために、ホームページでのPRは今や必須と言える状況です。もちろん各診療科目でホームページは必要ですが特に①競合が激しい②自由診療有③秘匿性が高い等の診療科目では、必ずホームページを開設・運営した方が良いと言えます。

 

※図表1.ホームページの開設状況 【出所】厚生労働省 平成17年 統計データより抜粋

医療機関選びもインターネットの時代

いまやインターネット利用者は、若年層から壮年・高齢層へと広がっています。

医療機関選びもインターネットでの検索が増えています。平成17年の総務省調査では、62.9%が健康情報を得るのにインターネットを利用しています。

【出所】総務省「情報通信白書 (平成17年度版)」

検索エンジンマーケティングとは

ホームページを開設しても誰にも見てもらえないと意味がありません。インターネットで情報を探している人の大多数は、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンを利用しています。
自院のサービスに関連のあるキーワードで検索した時、検索結果の上位に自院のホームページが表示されることにより、検索エンジンからのアクセスが増え、見込患者からの反響が期待できます。このように、検索エンジンから自院のホームページへのアクセスを増やしより多くの方に情報発信するマーケティング手法を、「検索エンジンマーケティング(Search Engine Marketing)」といいます。
主な検索エンジンマーケティングは、下記の通り分類されます。

患者が何を求めているか

上述の通り、患者はインターネットを使って情報を収集しています。医療機関の基本情報や医師の専門性など、自院の情報発信は今や必須の時代であり、その役割を果たせる媒体はホームページです。図表4.の「患者が医療機関の情報として特に欲しいこと」にあるように、患者は様々な情報を欲しています。しかしながら、図表5.のように多くの患者が情報を「入手できなかった」と認識しています。

 

【出所】健康保険組合連合会 平成19年度「医療に関する国民意識調査」

医院の開業・物件の相談 無料相談受付中 まずはご相談ください メールからのお問い合わせ医院の開業・物件の相談 無料相談受付中 まずはご相談ください メールからのお問い合わせ
お問い合わせ